本文へスキップ

戦国武将名言

織田信長名言集ODA NOBUNAGA

織田信長名言集について

織田信長名言集は織田信長の名言を厳選してまとめた戦国武将名言集です。織田信長の珠玉の名言を紹介しています。織田信長ファンなら必見の名言集です。

織田信長

織田信長

尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。戦国の世を切り開いた尾張の風雲児。三英傑の一人。有名な「桶狭間の合戦」では、今川義元の軍勢4万に対して信長はわずか2千の兵で勝利を収める。天下統一まであと一歩というところまで迫ったが、「本能寺の変」により自刃。豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府の基礎を作り上げた。


国持ち大将は、目下の者から見切られたらおしまい。贈り物は内容も機械も、客にとって意外なものたらざるべからず。



生まれながらに才能のある者は、それに頼んで鍛錬を怠り自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。



”仕事”は自分で探して創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。



理想を持ち信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。



攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。



人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。



臆病者の目には敵は常に大軍に見える。



組織に貢献してくれるのは”優秀な者”よりも”能力は並の上だが、忠実な者”の方だ。



いつの時代も変わり者が世の中を変える。異端者を受け入れる器量が武将には必要だ。

バナースペース


http://xn--eqr31er4ffshl0mbx8b.jp/sp/

スマートフォン版

戦国武将名言.jp【スマホ版 】へアクセス