本文へスキップ

戦国武将名言

徳川家康名言集HEADLINE

徳川家康名言集について

「徳川家康名言集」は徳川家康の名言を集めた名言集です。徳川家康の珠玉の名言を厳選して紹介します。

徳川家康

徳川家康

戦国時代最後の勝利者であり時代を江戸へと導いた「徳川家康」。江戸幕府を開いた初代将軍にして、泰平260年にわたる江戸時代の基礎を築き上げた。


堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。



及ばざるは、過ぎたるに勝れり。



良い家来をもとうと思ったら、自分の食を減らしても家来にはひもじい思いをさせてはいけない。



勝つ事ばかり知りて負くる事を知らざれば、害その身に至る。



決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。



人の一生は、重き荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず。



最初から主君に楯突こうと思っている者はいない。思い上がり、恨み、それらから生じる欲心が謀反を起こさせるのだ。



己を責めて人を責むるな。



世に恐ろしいのは、”勇者”ではなく”臆病者”だ。



人間は豊かになりすぎると、結束が弱まり我説を押し通す者が増えてくるものだ。



誠らしき嘘はつくも、嘘らしき真を語るべからず。



大事を成し遂げようとする者は、本筋以外のことは荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。



重荷が人をつくる。身軽足軽では人は出来ぬ。