本文へスキップ

戦国武将名言

豊臣秀吉名言集TOYOTOMI HIDEYOSHI

豊臣秀吉名言集について

豊臣秀吉名言集は豊臣秀吉の名言を厳選してまとめた戦国武将名言集です。豊臣秀吉の珠玉の名言を紹介しています。豊臣秀吉ファンなら必見の名言集です。

豊臣秀吉

豊臣秀吉

織田信長にその才能を認められて、信長の家臣としてその実力を十分に発揮し、結果的に一代で天下人まで上り詰めた日本一の出世男。天下人・関白・太閤など様々な肩書きを持つ。三英傑の一人。「本能寺の変」の直後「中国大返し」により京へと戻り明智光秀を破った後、織田家内部で勢力争いを起こし、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き関白・太政大臣に就任、豊臣姓を賜り日本全国の大名を臣従させ天下統一を果たした。


私が鳴かそうとして鳴かないことはない。



敵と戦うにおいては、敵の逃げ道を作ってから攻めよ。(秀吉は戦において敵の戦力を削ることを嫌っていた)



戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。



金銀を蔵にたくさん積んでおくのは、有能な侍を牢に押し込めて置くのと同じことだ。



主人は無理を言うなるものと知れ。



負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。たとえ逆になろうとも、人には勝つと言い聞かすべし。



戦は六、七分の勝ちをもって十分とする。



人の意見を聞いてから出る知恵というものは、本当の知恵とは言えない。



猿・日吉丸・藤吉郎・秀吉・大閤、これも皆がいやがるところでの我慢があったればこそ。



人はたださし出づるこそ、よかりけれ。戦のときも先駆けをして。

バナースペース


http://xn--eqr31er4ffshl0mbx8b.jp/sp/

スマートフォン版

戦国武将名言.jp【スマホ版 】へアクセス